デリヘル店にも多数の趣旨があり単に風俗嬢と性欲を満たすのではなく自分の趣味や探求心で突撃してみました。

おいらのデリヘル風俗体験記イケばわかるさ

噂のデリヘルにいってみた

新宿のデリヘルでアナル専門店の風俗嬢

投稿日:2015年10月9日 更新日:

新宿のデリヘルのアナル専門店

さてどのお尻にしようかな〜w

M性感の中でアナルを専門に責められるというデリヘル店が台頭してきている。

そんな噂を耳にした自称デリヘルマスターのおいらとしては知らない世界があってはならないと思い体験してみることにした。

ケツにバイブを突っ込まれるなんて、ゲイに掘られるみたいで何だか嫌だったが経験値をあげる為には致し方あるまい。

M性感は女の子に触ることが出来ないのが基本で、ヌードもオプションであり、女性に責められることに快感を覚えるというのが趣旨だが、アナルの徹底攻撃によるアナルの開発だなんて想像するだけでウ○コを漏らしそうになるが、前立腺を刺激することで発射時の快楽が増すらしいので興味が沸かないわけでもなかった。

新宿の歌舞伎町にはアナルを楽しめるデリヘルがある。

アナルプレイ専門のデリヘル

デリヘル嬢が部屋に入ってきてランジェリーかトップレスかオールヌードかを決める。

触れないならお金を払ってまでも脱いでもらう必要性もないかな、でも可愛い子なので体を見てみたいよなと悩んでいると、女の子がこう言ってきた。

「悩むくらいだったら初めてなのでランジェリーでいいんじゃないかな。

見たいのに見れない。それが興奮するってお客さんも多いですよ。」なるほど、その感覚もわからなくないな、それにお金にならない方を薦めてくるのだから間違いなさそうだ。

そう思って今回はランジェリーでお願いした。

「じゃあ準備するからシャワー浴びてきて下さいね。」シャワーから戻るとベットの上にいくつものおもちゃが並んでいる。

ローターからバイブまで、他にわからないおもちゃまで沢山ある。

マジかよ、これらがおいらのケツに突っ込まれるのかと若干不安と未知なる世界への期待をもちつつプレイが始まった。

仰向けに寝ると手枷をされ俺の自由が奪われた。

足を広げられ、アナルにローションを塗られ、そっとアナルをほぐすようにマッサージされる。

次第にアナルが指で広げられていき、そして指を入れられた。

それは生まれて初めての経験で正直最初は気持ち悪く痛みも感じた。手枷が効いてグッと力が入る。

しかし不思議なことにだんだんと慣れていく。

指をアナルに入れられながらおいらのムスコをまさぐられると、自分でも不思議な位あっという間にビン勃たちし、今までとは違った快感におそわれた。

これが前立腺マッサージというやつなのか。

おいらの反応を見て大丈夫だと思ったのか、そこから徐々にローターからバイブに変え、同時にムスコをいじられ、乳首を舐められた。

その波状攻撃3点責めにおいらは声を出しながら痛みと快感に体を震わせ、何度もイキそうになってしまった。

見えそうで見えないブラの中やパンツに食い込む具が何ともいやらしく興奮が増す。

風俗嬢が言ってたランジェリーコースが結果、大正解だった。

そして先ほど何だかわからなかったおもちゃがいれられた。それはエネマグラというものだった。

おしりに力を入れるとそれが奥に吸い込まれ前立腺を勝手に刺激してくるというものらしい。

エネマグラとムスコの攻撃に、声を出しよがっているおいらは、まるで女になったようだった。

そして快楽の絶頂を迎えた。体がビクビクし、足もガクガクしていた。おいらはまさに開発されてしまったのだ。

意識がボヤッとしている中、ふと脳裏をよぎった。

デリヘルでもノーマルなプレイでは物足りなくなってしまうだろうなと。

-噂のデリヘルにいってみた

Copyright© おいらのデリヘル風俗体験記イケばわかるさ , 2017 AllRights Reserved.