デリヘル店にも多数の趣旨があり単に風俗嬢と性欲を満たすのではなく自分の趣味や探求心で突撃してみました。

おいらのデリヘル風俗体験記イケばわかるさ

噂のデリヘルにいってみた

六本木のデリヘルで金髪外国人風俗嬢

投稿日:2015年10月9日 更新日:

六本木のデリヘルで金髪外国人風俗嬢

デリヘルでも韓国人や中国人は日本でもよく目にするし、同じ黄色人であることもあって見た目の違和感はあまりない。

同じ外国人の中でも青い目と高い鼻、金髪とダイナマイトボディのアメリカ系やロシアや北欧などの女は何か別物のような気がするのは、おいらだけであろうか。

映画などの影響もあってか、一度は金髪女と寝てみたい願望が昔からおいらにはあった。

韓デリの二の舞はごめんだ

以前、韓国デリヘルで苦い経験もしたこともあってホームページに在籍している女が来ることはないだろうとは思っていた。

金髪デリヘルも同様に全員顔出し、全員美人でスタイルも抜群である。

どこからか持ってきたモデルなどの写真なのだろう。

そんなことから今回は写真指名をせず、こちらの好みを伝えることにした。

こちらの好みは金髪であること、デブでないこと、若い子であること、この三つである。

デブでない子と言っても、ちょっとポッチャリとか、ふくよかだとか曖昧な言葉使いには釘を刺すことを心掛けた。

年齢も20代であればいい、見た瞬間ババアと一発でわかるような女はダメですとハッキリ伝えた。

おいらは六本木の金髪デリヘルの利用が初めてであったが前に他店で苦い思いをした嘘の経験談を作って、「ホームページの在籍の子はいないでしょう、それは解っているので。」と強気に話を進め、「そういう僕の好みがいないなら今回は諦めるし、逆に遊んでみて良かったらまた利用するよ。」と伝えたところ、お店のスタッフも思案したのか、「今お客さんの好みに近い子が一人だけ居ますよ、気に入ってもらえると思うのですが。」と言ってきた。

ここまで釘を刺したのだから怪物はこないだろうとおいらは踏んで呼ぶことにした。

実際にやってきた金髪風俗嬢は…

待機しているデリヘル嬢が来て、容姿を見てみると確かに見るからにハズレということは無かった。

良いというわけでもないが妥協できる範囲だったので電話の際に釘を刺しておいて良かったと思った。

その女はロシア人であった。

脱いでもらうと大陸系だけあって確かに胸やおしりも大きかったし日本人ばなれはした体系であったが中肉中背は否めなかった。

プレイは韓国人同様お粗末なものであったが、おいらの人生の中で金髪女と遊べたという事実だけは残ったので、良しとしようじゃないか。

金髪美人と遊ぶなら六本木か赤坂のデリヘルがお薦めかもしれない。

-噂のデリヘルにいってみた

Copyright© おいらのデリヘル風俗体験記イケばわかるさ , 2017 AllRights Reserved.