デリヘル店にも多数の趣旨があり単に風俗嬢と性欲を満たすのではなく自分の趣味や探求心で突撃してみました。

おいらのデリヘル風俗体験記イケばわかるさ

デリヘルでの失敗

デリヘルのハズレとテク下手の風俗嬢

投稿日:2015年10月9日 更新日:

デリヘルのハズレとテク下手の風俗嬢

こよなくデリヘルを愛するおいらであるが、風俗嬢にも当たりハズレ上手い下手がある。

個人的主観であるが、おいらのハズレ嬢とテクが下手な嬢を挙げてみたいと思う。

◆デリヘルのハズレ嬢

まずは容姿の問題。

ホームページの写真加工や修正マジックはあるものの、横浜でもパネル写真にプリクラを使用しているデリヘル店の女の子はとりわけひどい。

顔写真のアップが多く全身写真が少ない。

風俗嬢はどうすれば自分が可愛く映るかを心得ているので写真上では可愛く見えるが実際会ってみると、時折化け物に出会う。

体型もちょいポチャならまだ許せたとしても、許容範囲を超えるブタだったりもする。

このダブルパンチを食らうと一気に萎える。それでいて「なかなかイかないね。」なんて言われた暁には、お前だからイかねえんだよと言いたくなる。

次に口臭が臭い女。

タバコの臭いと、待機中に何食ったか知らないが息が臭くキスをしたくない。

そのくせ、おいらにはイソジンうがいを徹底させ、キスをしてくる。

まずお前がイソジンでも丸ごと飲んで胃の中から悪臭を断てと言いたい。

そしてケツニキビが沢山あったり肛門の周りにオデキが出来ている風俗嬢。

それと剛毛で手入れもしてない女や、その毛や陰部にティッシュが付いている女なんてあり得ない。

おいらの体を丁寧に洗うよりもお前もしっかり洗えと言いたい。したくもない69の体勢になった暁には拷問もいいところだ。

衛生的かつ生理的に無理な女も中にはいるものである。

◆テクが下手な風俗嬢

ただ抜けばいいと思っているデリヘル嬢。

前戯をそこそこで終わらせ、ひたすらローション手コキに徹する。

強弱や、こねくり回すこともせず、力強く激しく淡々とピストン運動を繰り返す。

気持ちいというより痛いのが本音。「もうちょっと優しく、ゆっくりね。」と言っても少したつとまた元に戻る。

やたら演技に走り、大声で喘ぐ風俗嬢もどうかと思う。

濡れてもないくせに「ああ。気持ちいい、イっちゃう!」と連呼する。これでは興ざめもいいところだ。

人それぞれ性癖や相性はあると思うが、おいらはこの手のタイプは駄目だ。

例を挙げればきりがないが、はずさないためには無難に横浜のデリヘル店の看板娘やランキングなどをチェックしてから遊んだほうが利口だと思う。

横浜のデリヘルで可愛い子とエッチなプレイを希望したのならばぜひともチェックしてくれ。

必ずやあなたのお眼鏡にかかるような子が見つかるから。

おいらは実際に横浜のデリヘルを調べる時には必ずみるところだから間違いないはずだ。

-デリヘルでの失敗

Copyright© おいらのデリヘル風俗体験記イケばわかるさ , 2017 AllRights Reserved.